自己破産すると車のローンは組めない?審査を通過させる方法は?

自己破産
  • URLをコピーしました!

債務整理をする中で、1つの選択肢として「自己破産」があります。自己破産を行うと借金がゼロになるため、収支状況の立て直しが可能です。

一方で、自己破産にはデメリットがあることも事実です。新生活で車が必要だけど、車のローンが組めなくなるのではないかと不安になる方もいるでしょう。

しかし、自己破産をしても車をローンで購入する方法はあるのでご安心下さい。本記事では、自己破産についての理解から具体的にどのような方法であれば車のローンが組めるのかを解説します。

目次

自己破産とは?

自己破産とはどのような状態なのか、自分で調べてみても専門用語が多く、すべてを理解するのは大変でしょう。まずは、自己破産の大枠について解説します。

自己破産とは

自己破産とは、借金・ローン返済ができなくなった場合などに行う債務整理の一種です。債務整理には4つの種類があり「過払い金請求」「任意整理」「民事再生(個人再生)」「自己破産」とわけられます。

自己破産は、借金返済の見込みがないことを証明することで、法律上借金の支払い義務を免除できます。そのためこれからの収入を借金返済ではなく、生活費に充てられます。

誰でも自己破産の手続きをできるわけではなく、裁判所が「支払い不能」と認めた場合に限ります。

自己破産は一定の条件をクリアする必要があるものの、借金があっても人生の再スタートができる仕組みです。

ただし、実際に自己破産の手続きをする際は以下のような、メリット・デメリットを理解して行うべきでしょう。

【自己破産のメリット】

・借金の返済義務がなくなる
・一部の財産を手元に残せる

自己破産の一番のメリットは、借金がなくなる点でしょう。自己破産の手続きを行うと法律上、債権者は支払催促をすることが禁止されます。そのため精神的負担も大幅に軽減されるでしょう。また、自己破産ではすべての財産が処分されるわけではなく、衣服や家具など生活に最低限必要なものは手元に残すことが可能です。

このように自己破産は生活を立て直す上で最も有利で即効性のある債務整理の方法と言えます。

【自己破産のデメリット】

・手続きが煩雑(弁護士に依頼可能)
・高価な財産は処分される
・職業が制限される
・連帯保証人がいる場合は借金が引き継がれる
・ローンを組むのが難しくなる

メリットが大きい一方でデメリットもあります。特に注意が必要なのは高価な財産を処分される点です。例えば、持ち家や車などが含まれます。車が処分されるかどうかは意見がわかれる部分ですが、価値が20万円以下と判断された場合には処分の対象になりません。どうしても車を残したい方は専門家に一度相談するべきでしょう。

借金がゼロになるといっても連帯保証人がいる場合は、連帯保証人が借金を引き継ぐことになります。

次の章で詳しく説明しますが、自己破産をするとブラックリストに登録されます。銀行や信販会社でローンを組むのが難しくなる点にも注意が必要です。

自己破産申請中と自己破産申請後の違い

自己破産の手続には、少額管財と同時廃止があります。個人での自己破産の場合は、少額管財になるケースがほとんどなので、少額管財の前提で説明します。

自分がどちらの手続きになるか不安な方は弁護士に確認しましょう。

自己破産は以下のようなプロセスになっており、手続きの完了まで約半年近くかかります。すべてを自分で行うこともできますが、弁護士に依頼するのが一般的です。

①申立書類の準備(債務額の確定や過払い金請求などを事前に行います)
②申立・即日面接
③破産手続開始決定(面接日より1週間後)
④管財人面接(面接日より1~2週間後)
※管財人とは、破産者の持っている財産を管理したり処分してお金に換えたりすることを担当する弁護士のこと
⑤債権者集会(面接日より3~4ヵ月後)
⑥免責許可決定(債権者集会の約1週間後)
※免責とは、債務者が債務を払う義務がなくなること
⑦免責許可決定確定(免責許可決定後約1ヵ月)

自己破産申請中と自己破産申請後では制限されることや守らなければいけないことも変わってきます。以下、それぞれの違いについて説明します。

【自己破産申請中(上記のプロセス中)】

・許可なく居住地を変更できない
・海外旅行が制限される
・高額な買い物や財産の処分ができない

自己破産申請中の約半年間は居住地の変更や移動についての制限があることに気をつけましょう。一方で生活保護や年金については自己破産申請中でも受給可能です。

【自己破産申請後(⑦免責許可決定確定後)】

・クレジットカードは使えない
・ローンを組むのが難しくなる

自己破産の申請が完了すると、行動の制限はなくなります。海外に行くこともできますが、クレジットカードは使えなくなるので注意しましょう。新たにクレジットカードを作ることもできません。

自己破産すると車のローンが組めなくなる理由

自己破産をするとブラックリストに載るため銀行や信販会社からローンを受けられなくなります。一生ローンを組むことができないのか?他にローンを組む方法があるのかについて解説します。

自己破産後は車のローンの審査が通りにくい?

なぜ自己破産をするとローンを組むのが難しくなるかの答えは信用情報機関に自己破産の履歴が残ってしまうからです。

信用情報機関は個人の信用情報の管理を行っている機関です。大幅な滞納があった場合や自己破産などの金融事故を起こした場合は信用情報機関に滞納の情報が報告されます。銀行や信販会社はこの信用情報をもとに審査を行うためローンに通らなくなってしまいます。

この滞納の情報は5年~10年は信用情報機関に履歴が残るのでその期間は車以外のローンであっても銀行や信販会社からの借り入れは難しいです。

自身の履歴情報が残っているか不明確であれば、信用情報の開示請求をすることができます。信用情報機関には主に以下の3つがあり、500~1,000円の手数料を支払うことで確認が可能です。

シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
日本信用情報機構(JICC)

自己破産後に車をローンで買う方法

信用情報機関に履歴が残ってしまっている場合に車をローンで買う方法は以下の2つです。

・5年~10年履歴がなくなるまで待つ
・自社ローンを活用する

信用情報機関に履歴が残っていても自社ローンであればローンを組むことが可能です。本章では自社ローンとはどのようなローンなのか解説します。

自社ローンではOKな企業も

自社ローンとは、ディーラーが独自に提供するカーローンです。ディーラーとローン契約者が直接契約をします。自動車のローンにはディーラーが提携している信販会社とローンを契約する「ディーラーローン」や銀行や信用金庫と直接契約する「銀行系カーローン」があります。これらは前述の通り、信用情報機関の情報をもとに審査を行うためローンを組むのは難しいです。

一方で、自社ローンは信用情報機関を通しません。ディーラーが独自で審査を行うため、企業側の判断で審査を通すことができます。また、信用情報機関を通さない分、スピーディーな審査が可能です。

自社ローンの主なメリットは以下の3つです。

【①審査に通りやすい】
ディーラーごとの基準によって審査されるため、ブラックリストに載っている方でも審査に通るチャンスがあります。自社ローンでは、過去の金融データよりも現状の収入をもとに審査されることが多いです。

【②金利が0%】
「ローン」という言葉はありますが、厳密には自社ローンはローンではなく車両代金の分割払いです。そのため金利は発生しません。金利だけで数十万かかるケースもあるので、自社ローンであれば無駄なく賢く車を購入できます。

【③総量規制の対象ではない】
自社ローンは総量規制の対象になりません。生活していく上で今後住宅ローンや奨学金の借入れが必要となった際に、自動車ローンを契約中であれば多くの人が総量規制の対象となるでしょう。現在、他のローンを検討していない方でも車の購入には自社ローンを使うことで、総量規制の枠を確保できライフスタイルの選択肢が広がります。

総量規制についてはこちらの記事をご参照下さい。

自己破産をした場合でも自社ローンであれば車をローンで借りることが可能です。

オトロンでは過去に自己破産を経験した方の審査が通った実績があります。

自社ローンの中でもおすすめなのは自社ローン専門最大手のオトロンです。オトロンのマイカーローンであれば他社でローンに通らない経験がある方でも審査に通る可能性が高いです。

他の自社ローン会社では提携ローン会社に審査を依頼することが多いため、信用情報にも悪影響を及ぼします。オトロンのような自社ローン専門店であれば、信用情報に傷がつくことなく審査が可能です。

現在オトロンでは審査通過率が95%となっており、過去に滞納があった方でも問題ありません。

過去の実績では、

・勤続年数の短い方
・自営業の方
・パート・アルバイト契約でお仕事されている方
・派遣社員・契約社員としてお仕事をされている方
・転職することが決まっている方
・新社会人の方
・自己破産や任意整理を経験された方

など、信販会社ではオートローンが難しい方へのローン提供実績があります。

オートローンの審査が厳しくなっている昨今だからこそ、オトロンではお客様の過去の実績ではなく、現在未来に目を向けて審査を行っております。

オトロンでは、毎週新しい車を入荷していて在庫台数は500台以上です。国内メーカーはほぼすべて取り扱いがあり、ボディータイプも軽自動車からスポーツカー、商用車まで幅広く取り扱っています。販売実績も15,000件以上あり、安心して購入頂けます。

オトロンは、「これから」を頑張る人を応援しており、審査通過率100%を本気で目指しています。金額のわかりやすさに限らず、オトロンではお客様一人一人に寄り添ったご提案をさせて頂きます。多くのお客様から「クルマのローンに対する不安が無くなった」「自分の欲しかった車が手に入った」など喜びの声を頂いております。

実際のお客様の声はこちらの記事をご参照下さい。

自己破産申請中はNG?車のローン審査が通りやすいポイント

自己破産申請後は自社ローンを活用することで車をローンで買えることがわかりました。では、自己破産申請中はどうなのでしょうか?

自己破産申請中は車のローンが通りません。

自己破産申請中は自社ローンであっても車のローンは通りません。オトロンでも通りません。法律上、申請期間中は自動車を所持できないと決められているためです。

もし、購入できたとしても物理的に没収されてしまいます。

審査のタイミングは自己破産申請が完了してから

そのため、自社ローンに申し込むタイミングは自己破産申請が完了してからにするべきでしょう。

ローンに通るか不安な方はオトロンでは仮審査を行っています。仮審査であれば、審査に申し込むことで信用情報に傷がつく心配がありません。

また、他社のオートローンと異なり、オトロンでは即日審査を実施しています。最短15分で審査が完了するため、すぐにお車をお選び頂き、納車までの時間も短縮できます。

もちろん仮審査は無料で行えます

他社のローンを検討中の方でも、まずは仮審査に申し込んでみてローンに通るか確認してみましょう。

\審査に通るか無料でわかる!/

自己破産してもオトロンの自社ローンなら購入可能

本記事では、自己破産すると車のローンは組めないのか?審査を通過させる方法はあるのか?について解説しました。

自己破産をした場合でも、信用情報機関の履歴が消える5~10年間待つか、自社ローンを選択することで車をローンで買えることがわかりました。

自己破産後、仕事への通勤や家族の送り迎えなどですぐに車が必要となる場合もあるでしょう。自社ローンであればすぐに車を購入できます。

その中でも、オトロンの自社ローンであれば審査通過率95%で信用情報を傷つけない形での審査が可能です。また、豊富な販売実績と在庫台数から、安心して欲しい車を選定頂けます。

車のローンに不安がある方は、一度オトロンの自社ローンの仮審査を検討してみましょう。

\審査に通るか無料でわかる!/

自己破産

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちら
  • URLをコピーしました!
目次