車のローンの保証人にはどんな人がなれる?保証人の条件となれない時の対処法をプロが解説!

車の保証人になれない人

車のローンを組みたいのに「保証人が見つからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。保証人になれる人の条件は明確に定義されていないので、どんな人がなれるのか気になりますよね。

そこで今回は、保証人になれる人の条件について詳しく解説します。保証人が見つからない際の対処法も紹介するので、ぜひ最後までチェックしてください。

この記事でわかること
・車の保証人になれる人の条件
・どうしても保証人が見つからない場合の対処法
・車の保証人に関するよくある質問

オトロンの自社ローンでは、両親や配偶者だけでなく、友人や会社の同僚が保証人なれるケースもあります。保証人が見つからなくて困っている方は、無料の仮審査でお気軽にご相談ください。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像
目次

車の保証人になれる条件は?

車の保証人になれる人には条件があります。車を購入する際に保証人が必要な場合は、避けては通れない項目です。スムーズに手続きを進めるためにも、しっかり確認しておきましょう。

18歳以上65歳未満の成人

車の保証人になるためには、18歳以上65歳未満の成人であることが条件です。なぜなら、未成年は安定した収入がない場合が多く、 65歳以上は年金のみで収入が不安定な場合が多いからです。

例外として、65歳以上でも資産が十分にある場合は、保証人として認められるケースもあります。しかし、未成年は安定した収入があったとしても、保証人にはなれないので注意しましょう。

成人していれば、保証人になる人との続柄や関係性は問われません。そのため、友人や同僚に保証人を頼んでも問題ありません。

収入が安定している

毎月の収入が安定していることも、保証人になるための条件です。なぜなら、車のローンを組む際は保証人の返済能力も重視されるからです。

年収が低い場合でも保証人として申請できますが、審査に通過する確率は極めて低いと言えるでしょう。そのため、正社員で勤続年数が長く収入が高い人ほど、保証人としての評価が高くなります。

しかし、収入の具体的な基準はなく、購入する車の価格によって変わります。保証人の候補が複数いる場合は収入が高い人に頼んだり、収入に見合った車を選んだりするのがおすすめです。

信用情報にキズがない

車の保証人になるためには、信用情報にキズがないかどうかも重要な条件です。金融事故情報として信用情報にキズが付いている人を保証人に選ぶと、審査に落ちる可能性が高くなります。自己破産だけでなく支払い遅延の経験もブラックリストとして登録されます。

これらの金融事故情報は、長期の延滞や破産などは約5年、自己破産などは約5〜10年で削除されるのが一般的です。この期間は一般的に保証人にはなれないので注意が必要です。

そのため、保証人をお願いしようとしている人には、過去にブラックリストに登録された経験があるかどうか事前に確認しましょう。

多重債務になっていない

多重債務になっていないことも、保証人になるための条件の一つです。なぜなら、多重債務者は返済能力が低いと判断されるからです。

多重債務とは、すでにある借金の返済のために複数の金融機関から借金を重ね、返済が困難になる状態を指します。明確な条件はありませんが、少額のローンでも2社以上から借り入れしていると多重債務と言われます。

多重債務者は返済負担額が多いので、万が一契約者の代わりに返済を求められた場合に支払えない可能性が高いです。そのため、保証人として審査に通過するのは厳しいでしょう。

保証人になれない・見つからない時の対処法は?

車のローンを組みたいのにどうしても保証人が見つからない場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。以下では、保証人が見つからない際の対処法を3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

保証人に必要な条件は会社によって異なる

保証人が見つからない場合は、1社だけに留まらず他の会社でも審査を試してみるのもおすすめです。なぜなら、保証人に必要な条件は会社によって異なるからです。

例えば、「A社では保証人になれなかったけど、B社では受け入れてもらえた」というケースも見受けられます。

通常のオートローン(ディーラー)の場合や自社ローンの場合でも、保証人に求められる条件は大きく異なります。以下では、通常のオートローンと自社ローン専門店のオトロンの、保証人に求められる条件の違いを表にしてまとめました。

オトロンの自社ローンオートローン(ディーラー)
保証人の続柄など・親や配偶者を推奨
・成人している(高齢者も対象)
・会社の同僚、友人も可能
・親や配偶者を推奨・成人している(高齢者は対象外)
収入の安定さ・一定の収入があれば、正社員以外でも可   ・正社員などで収入が安定している
ブラックリストの経験など・ブラックリストの方でも審査通過の実績あり
・反社会的勢力ではない
・過去5年以内に支払い遅延や債務整理をしていない
・過去10年以内に自己破産をしていない
・反社会的勢力ではない

通常のオートローンと比較すると、オトロンの方がどの条件に対しても柔軟に対応していることが分かります。上記の内容はあくまでも一例になるため、お客様一人一人に合ったプランをご提案可能です。また、オトロンでは無料で仮審査を行っています。保証人になれるかどうかのご相談も、仮審査の際にお気軽にお問合せください。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像

保証人不要の会社や保証人代行を利用する

どうしても保証人が見つからない場合は、保証人が不要な販売店や保証人代行を利用するのも一つの方法です。

車を購入する際は、保証人の用意を条件としている販売店がほとんどです。そのため、あまり多くはないですが、保証人不要のカーローンを提供している販売店もあります。保証人が不要の場合はその分販売店側のリスクが上がるため、車両代が比較的高額になる傾向があります。

また、保証人代行が利用可能な販売店もあるので、事前に確認をして利用してみるのも良いでしょう。保証人代行とは、保証人を用意できない人のために、保証人としての役割を法人が代行してくれるサービスを指します。しかし、中には悪質な保証人代行業者も存在するため、利用の際は注意が必要です。

オトロンでは、車がなくて困る人を応援するために誕生した、保証人不要のプランもご用意しています。お気軽にご相談ください。

保証人になれない原因を解消する

保証人の条件に当てはまる人が見つからない場合は、まずその原因を解消する必要があります。例えば、多重債務者であるのならばできる限りローンを完済したり、収入が安定している人に保証人を頼んだりなど、妨げになっている問題を解決しましょう。

その他にも、事前にブラックリストであるか確認したり、車の価格を下げて支払総額を減らしたりするなどの対応で解決できる場合もあります。

また、誰かに保証人をお願いする際は、どのようなリスクがあるかを事前にしっかり説明をする必要があります。曖昧な状態で保証人をお願いすると、後々トラブルに発展しかねません。保証人とは何かなどしっかり伝えることで、保証人を受け入れてくれる確率が上がる場合もあります。

保証人について詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみてください。

車のローンは連帯保証人がいれば通る?なれる条件やいない時の対策

車の保証人に関するよくある質問

保証人になれる条件は?

保証人になるには「返済能力」や「信頼性」があるかどうかが重要視されます。

上記の条件を満たしているかどうかは、「職業」「年収」「金融事故履歴」によって判断されます。収入が不安定であったり、ブラックリストに載った経験があったりすると保証人になれる確率は低くなるので、注意しましょう。

保証人になれない職業は?

一定の収入があれば、職業による制限はありません。しかし、「正社員」などの雇用形態が重要視されている場合が多いです。そのため、「アルバイト」や「自営業」などは収入が安定していないとみなされ、審査に落ちる可能性が高くなります。年金受給者、主婦・主夫で収入が少ない場合も断られるケースがあります。

保証人になれる年齢は?

保証人になれる年齢は、18歳以上65歳未満の成人です。これは、未成年は安定した収入がない場合が多く、 65歳以上は年金のみで収入が不安定な場合が多いためです。未成年で安定した収入があったとしても、保証人にはなれないので注意してください。

成人していれば保証人との続柄や関係性は問われないため、友人や同僚に保証人を頼んでも問題ありません。

保証人になるには何が必要ですか?

保証人になるための手続きには、さまざまな書類が必要になります。用意するものは契約する販売店によって異なるため、以下で紹介するものはあくまでも一例です。

まず、住民票や印鑑証明などの個人を証明するもの、そして収入を証明する書類も必要になります。また、契約書には「連帯保証人」の署名・捺印が求められる場合があります。事前に確認をして、抜けがないように準備をしましょう。

オトロンなら保証人不要で車が買えます!

自社ローン専門店のオトロンであれば、保証人不要で車を購入できます。オトロンでは「ローンに落ちて車を買えない」と言った悩みを持つお客様にお応えすべく、一人一人の状況に合わせたヒアリングを行っています。保証人についてや、その他に気になることなど、お気軽にご相談ください。

オトロンの強み:オトロンの保証人不要プラン

自社ローンを利用する際は、連帯保証人の用意を条件としている販売店がほとんどです。しかし、オトロンでは連帯保証人不要で審査が可能な「MCCSプラン」をご用意しています

MCCSプランでは車にGPS機能が装備されており、万が一未払いが発生した場合に車のエンジンが起動しないように遠隔操作されます。GPSは、ローン完済後に取り外し可能です。この「MCCSプラン」は、車がなくて困る人を応援するために誕生しました。

支払回数は、24回か36回かを選べます。支払回数の選択肢が広がるので、返済による月々の負担も軽減できます。毎月の予算を抑えたい場合は、ボーナス併用払いも可能です。また、販売エリアは本州・四国・九州と幅広く対応しています。

オトロンの強み:過去の実績にとらわれない自社ローン審査

オトロンでは、雇用形態・年収・勤続年数・過去の信用情報などにとらわれた審査基準は設けていません。オトロンの審査は、現在の収入状況や希望のお車に合わせた返済プランを元に判断します。無理な返済計画をお願いすることは一切ないので、ご安心ください。

過去の信用情報などで、通常のカーローン審査に通らない方が多くいらっしゃいますが、オトロンでは現在の状況で審査の判断をします。審査やご契約の際は丁寧にヒアリングを行い、利用者様のライフスタイルに合わせて無理のない範囲でご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

オトロンの強み:ブラックリスト経験者も審査通過の実績あり!

オトロンの審査では、過去に自己破産やブラックリストの経験があっても全く問題がありません。なぜなら、審査では過去の情報ではなく現在の状況で返済能力があるかを判断するからです。

一般的なカーローンでは信販会社を通して審査をするので、過去の信用情報が照会されます。金融事故履歴の有無が重要な審査基準になるため、自己破産やブラックリストに載った経験がある人は、審査通過がかなり厳しいです。

実際にオトロンでは、自己破産やブラックリストに載った経験がある人、その他にもアルバイトやパートの人にもご利用いただいています。現在の状況で返済していけるかどうかを判断するので、安心してご相談ください。

オトロンの強み:最高品質の中古車

オトロンの車両品質には、確かな自信があります。品質管理を徹底して行っているため「修復歴ありの車両」の販売は行っていません。エンジンやシート、ナビの内装、キズやへこみなど、あらゆる項目において不具合がないか、常に検査・点検をしています。また、販売車両の整備は国家資格を持った整備士が行います。

全店舗で在庫を共有しているので、常時500台の在庫があります。人気車種を中心に高級車や外車、社用車も幅広く仕入れているため、全店舗の車の中からお気に入りの車を探すことが可能です。

納車後の保証制度も充実しているので、安心で快適なカーライフを送っていただけます。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像

保証人が用意できない場合はMCCSプランがおすすめ

本記事では、保証人になれる人の条件やどうしても保証人が見つからない場合の対処法について解説しました。保証人になるためには、毎月の収入が安定していることを証明するのが絶対条件です。

どうしても保証人が見つからない場合は、オトロンの「MCCSプラン」を利用するのがおすすめです。審査の際は保証人が不要で、支払回数は24回か36回かを選べます。

また、オトロンでは現在の状況で返済能力があるかを審査するため、ブラックリストの経験がある人や、アルバイトの人でも審査に通過した実績があります。無理のない範囲でご提案いたしますので、仮審査の際にお気軽にご相談ください。

目次