車のローンに通らない理由を解説!対策と確認すべきことも

  • URLをコピーしました!

車のローンに通らない理由の分析をきちんとできているでしょうか?きちんと理由を分析して、対策を練ることで誰でもローンで車を手に入れることが可能です。

一般的に銀行や信販会社では、ローンに通らない原因を教えてくれません。そのため「なにを改善すればローンに通るのかわからない」「そもそも自分でもローンを受けることは可能なのか」といった不安を持つ方も多いでしょう。

本記事では、ローンに通らない理由の分析から具体的にどのような対策を講じれば良いかを解説していきます。

この記事のポイント

  • ローンに通らない理由が自己分析できる
  • ローンに通るまでのイメージ、対策が立てられる

ローン審査に落ちた方でも大丈夫!クルマが買えるオトロンの自社ローン

目次

車のローンに通らない主な理由は?

車のローンに通らない理由は主に以下の4つです。

・年収が借入希望額に見合わない

・過去に支払い遅れなどの滞納した経験がある

・審査申込内容に虚偽がある

・他に借入やローンを組んでいる

意外に見落としてしまっているケースもあるので、1つずつ自身に当てはまっていないか確認してみることをおすすめします。

・年収が借入希望額に見合わない

まず、考えられるケースは年収が借入希望額に見合わない場合です。金融機関は2010年に改正された貸金業法の「総量規制」というルールによって判断しています。

総量規制とは?

“総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。~

貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。

引用:金融庁 貸金業法のキホン

このように借入できる額は金融機関の裁量という訳ではなく、法律上で決まっていることを理解しておきましょう。

また、金融機関が審査する際の年収目安は年収200万円以上となっています。借入額が3分の1以下であっても年収が200万円必要な点と前年度の年収によって判断される点は見落としがちなので注意しましょう。

対策としては、中古車の借入も検討してみましょう。車種にもよりますが一般的に新車よりも1~2割安く購入することが可能です。サポートの手厚いディーラーを選ぶことで中古車であっても長く乗れます。

どうしても新車が良い場合には、頭金を増やすことで借入額を年収の3分1まで抑える方法もあります。

年収に不安がある方でも大丈夫!オトロンの自社ローンがおすすめ

・過去に支払い遅れなどの滞納した経験がある

過去に支払い遅れなどの滞納をした経験がないか振り返ってみましょう。通常、金融機関が申込者の与信の調査を行う際には、信用情報機関の情報をもとにします。信用情報機関は信用情報の管理を行っている機関で、大幅な滞納があった場合には信用情報機関に滞納の情報が報告されます。

ただし、金融機関での借入やクレジットカード利用の滞納情報のみが対象で電気代などの公共料金の支払いの延滞は含まれません。クレジットカードから公共料金を支払っている場合は例外なので注意しましょう。

また、ここで基準となる滞納は支払いを2~3ヵ月滞納した場合で信用情報機関に長期滞納で金融事故を起こしていると判断されてしまいます。長期延滞の他にも自己破産や任意整理などの「債務整理」や保証会社を使った「代位弁済」の経験がある方は金融事故と判断されます。このような状態をブラックリストといい、ローンを組むのが難しい状態です。

対応策としては、自分がブラックリストに入っているかを信用情報機関に確認する方法があります。過去に2ヶ月以上の延滞があり、不安な方は確認してみましょう。

信用情報機関は主に3つあり、主にクレジットカード会社が利用しているシー・アイ・シー(CIC)、銀行が利用している全国銀行個人信用情報センター(KSC)、消費者金融や信販会社が利用している日本信用情報機構(JICC)です。

以下のそれぞれのサイトで確認が可能ですが、手数料として500~1,000円ほどかかります。

シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

日本信用情報機構(JICC)

もし、自身がブラックリストに入っている場合は、滞納の解消日から数えて5年経つと自動的に金融事故の履歴が信用情報機関から消えます。金融機関から強制解約の経験がある方は事故後10年が基準になります。

5~10年も待てない方は、ブラックリストに入っていてもローンが組める方法を後半の章でお伝えするのでご安心下さい。

年収に不安がある方でも大丈夫!オトロンの自社ローンがおすすめ

・審査申込内容に虚偽がある

ローンに通るために「年収を実際の金額より多く記載する」「職業や役職、雇用形態などを偽る」などの虚偽の申告をするのはおすすめしません。金融機関では審査の際に職場や家族に確認を取ることがあるのですぐにバレてしまいます。

虚偽の申告がバレてしまうと審査に通らないだけでなく、再審査を受け付けてもらえなかったり、最悪の場合は金融機関に訴えられるケースもあります。

ローンを組む際に不安になる気持ちはわかりますが、虚偽の申告をしなくともローンを組む方法はあります。リスクの代償を考えると虚偽の申告はするべきではありません。

・他に借入やローンを組んでいる

前述の年収の3分1までしか借入できない「総量規制」ですが、自動車ローン以外の借入もこの規制に含まれます。他にどのようなローンを組んでいるか、いくらのローンを組んでいるかも信用情報機関で調べることが可能です。

例えば、カードローンやキャッシングなどは総量規制の対象になります。自動車ローンで借入したい額と現在の既存ローンの総額が前年の年収の3分1を超えていないか確認しましょう。

総量規制の対象になってしまう場合には、現在のローンの繰り上げ返済ができないかも検討し、借入総額の調整が必要です。

また、他にローンを組んでいなくても、申込みをして審査に落ちることを繰り返すと、信用情報機関に情報が蓄積されるので審査に不利になります。申込履歴は6ヶ月間で消滅しますが、車のローンに関する正しい知識を身に着け、自身で信用情報を傷つけないように気をつけましょう。

カーローンの種類を解説

カーローンには主に「ディーラーローン」「銀行系ローン」「自社ローン」の3つがあります。それぞれ金利や審査の基準、ローンの対象内容などが異なります。それぞれにメリット、デメリットがあるので自身に合ったカーローンはどれなのか検討してみましょう。

審査の難度使用できる用途
ディーラーローン比較的通りやすい車やオプションの購入のみ
銀行系ローン比較的厳しい車やオプションの購入車検・修理・免許取得など
自社ローン通りやすい車やオプションの購入のみ

・ディーラーローン

「ディーラー」という名前がついていますが、ディーラーが提携している信販会社とのローン契約になります。申込みはディーラーで行うことも直接信販会社に問い合わせることも可能です。有名な信販会社には、ジャックス、オリコ、セディナなどがあり、自動車信販を専門としているトヨタファイナンスや日産フィナンシャルサービスなどもあります

ディーラーローンの金利相場は4~8%と少し高いです。その分銀行系カーローンと比べると審査の難易度は低く、審査スピードが速いというメリットがあります。

しかし、デメリットとしてローンの用途が限定的であることと完済するまでの車の所有者名義はローン会社になることは理解しておきましょう。ディーラーローンでは車の購入代金のみがローンの対象となります。また、名義がローン会社のため途中で車を乗り換えたりカスタマイズできません。

前述の通り、闇雲に審査を申し込むと自身の信用情報を傷つけることにつながるので、きちんと特性を理解した上で申し込みをしましょう。

・銀行系カーローン

銀行系カーローンは、銀行や信用金庫と直接契約するカーローンです。大手の銀行から、地方の銀行まで様々な銀行で取り扱っています。

金利相場が1~2%とディーラーローンより低く、ローンの用途が幅広いことが特徴的です。車の車体料金だけに限らず、車検費用や修理費用、免許取得費までローンに含めることができます。名義がローン契約者自身になることもメリットの1つです。

一方、デメリットは審査が厳しい点と審査日数が1週間程度かかることがある点が挙げられます。申込みにかかる書類も多いので準備にも時間がかかります。そのため自身の与信に自信の無い方や早くローンを組みたい方にはおすすめできません。

・自社ローンの場合

自社ローンとは、ディーラーが独自に提供するカーローンです。ディーラーとローン契約者が直接契約をします。

自社ローンの主なメリットは以下の3つです。

【①審査に通りやすい】

ディーラーごとの基準によって審査されるため、ブラックリストに載っている方でも審査に通るチャンスがあります。自社ローンでは、過去の金融データよりも現状の収入をもとに審査されることが多いです。

【②金利が0%】

「ローン」という言葉はありますが、厳密には自社ローンはローンではなく車両代金の分割払いです。そのため金利は発生しません。金利だけで数十万かかるケースもあるので、自社ローンであれば無駄なく賢く車を購入できます。

【③総量規制の対象ではない】

前述の通り、厳密にはローンではないため総量規制の対象になりません。生活していく上で今後住宅ローンや奨学金の借入れが必要となった際に、自動車ローンを契約中であれば多くの人が総量規制の対象となるでしょう。現在、他のローンを検討していない方でも車の購入には自社ローンを使うことで、総量規制の枠を確保できライフスタイルの選択肢が広がります。

一方、デメリットとしては自社ローンを取り扱っている販売店が少ないことやディーラーローンと同様に完済までは自身の名義にならない点が挙げられます。

自身の金融データに自信があり、時間もある方は銀行ローンを検討するのも良いですが、一度でも車のローンに通らない経験のある方は自社ローンの利用を検討してみましょう。

他社で車のローンが通らなくても、オトロンの自社ローンなら購入可能!

自社ローンの中でもおすすめなのは自社ローン専門最大手のオトロンです。オトロンのマイカーローンであれば他社でローンに通らない経験がある方でも審査に通る可能性が高いです。

他の自社ローン会社では提携ローン会社に審査を依頼することが多いため、信用情報にも悪影響を及ぼします。オトロンのような自社ローン専門店であれば、信用情報に傷がつくことなく審査が可能です。

・審査通過率95%で購入可能!

現在オトロンでは審査通過率が95%となっており、過去に滞納があった方でも問題ありません。

過去の実績では、

・勤続年数の短い方

・自営業の方

・パート・アルバイト契約でお仕事されている方

・派遣社員・契約社員としてお仕事をされている方

・転職することが決まっている方

・新社会人の方

・自己破産や任意整理を経験された方

など、信販会社ではオートローンが難しい方へのローン提供実績があります。

オートローンの審査が厳しくなっている昨今だからこそ、オトロンではお客様の過去の実績ではなく、現在未来に目を向けて審査を行っております。

オトロンは、「これから」を頑張る人を応援しており、審査通過率100%を本気で目指しています。

・安心の販売実績 15,000件以上!

自社ローン専門最大手のオトロンでは、15,000件以上の販売実績があります。その背景には徹底したわかりやすさの追求があります。オトロンでは、わかりやすさ=安心に繋がると考えており、特に金額のわかりやすさを心掛けています。

例えば、他社のオートローンで「固定金利」「変動金利」「残価設定」など聞き慣れない言葉が出てきたり、金利計算が複雑で結局総額でいくらになるのかわかりにくいなどの経験はないでしょうか。

オトロンの「自社ローン」では、金利0%を実現しているため複雑な計算や難しい言葉を覚える必要もありません。

金額のわかりやすさに限らず、オトロンではお客様一人一人に寄り添ったご提案をさせて頂きます。多くのお客様から「クルマのローンに対する不安が無くなった」「自分の欲しかった車が手に入った」など喜びの声を頂いております。

実際のお客様の声はこちらの記事をご参照下さい。

・豊富な在庫台数 500台以上

オトロンでは、毎週新しい車を入荷していて在庫台数は500台以上です。国内メーカーはほぼすべて取り扱いがあり、ボディータイプも軽自動車からスポーツカー、商用車まで幅広く取り扱っています。

販売エリアも本州・四国・九州エリアが対象となっており、販売店が近くにない場合でもオトロン公式サイトから車両の詳細が確認可能です。

豊富な車体の写真や走行距離などの基本スペック、価格など必要な情報はサイトに記載があるので、いくつか候補を見つけてから販売店に訪問するのがおすすめです。ライン、メール、電話での問い合わせにも対応しているので気になる車があれば連絡してみましょう。

・まずは仮審査でローンに通るか確認!

ローンに通るか不安な方は仮審査に申し込むことをおすすめします。前述の通り、審査に申し込むことで信用情報に傷がつく心配がありません。

また、他社のオートローンと異なり、オトロンでは即日審査を実施しています。最短15分で審査が完了するため、すぐにお車をお選び頂き、納車までの時間も短縮できます。

もちろん仮審査は無料で行えます。

他社のローンを検討中の方でも、まずは仮審査に申し込んでみてローンに通るか確認してみましょう。

\審査に通るか無料でわかる!/

まとめ:車のローンに通らない場合でもオトロンの自社ローンなら購入可能!

本記事では、ローンに通らない理由の分析から具体的にどのような対策を講じれば良いかを解説しました。総量規制やブラックリストについて正しく理解することで、自身がローンに通らない理由が分析できたのではないでしょうか。

ディーラーローンや銀行系カーローンでローンに通らない経験のある方は自社ローンで審査を受けてみることをおすすめします。

その中でも、オトロンの自社ローンであれば審査通過率95%で信用情報を傷つけない形での審査が可能です。また、豊富な販売実績と在庫台数から、安心して欲しい車を選定頂けます。

車のローンに不安がある方でも、一度オトロンの自社ローンの仮審査を検討してみてはいかがでしょうか。

\審査に通るか無料でわかる!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちら
  • URLをコピーしました!
目次