ブラックリストの条件とは?車のローンの支払い遅れリスクをプロが解説!

ブラックリストの条件とは?

車を購入したいけど、自分はブラックリストかもしれないから、ローンを組めないかもと考える人もいるでしょう。ただし、実際には調べてみるとブラックリストではなかったというケースも少なくありません。

そこで今回は車のローンを専門に取り扱うオトロンがブラックリストになってしまう条件や車のローンの支払いが遅れるとどのようなリスクがあるかについて解説します。また、ブラックリストの方でも審査に通るおすすめのローンについても紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

審査に通るか不安な人は、仮審査でローン審査に通るかどうかを無料でチェックできます。最短30分ですぐに結果がでるので、ぜひ一度試してみてください。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像
目次

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、金融事故の情報が信用情報機関に載っている状態のことを指します。金融事故とは、過去の大きな延滞や債務整理などのことで、一定期間履歴が残ってしまう仕組みになっています。

通常、ローン審査では信用情報機関に載っている情報を元に審査をするので、金融事故の履歴が載っているブラックリストの状態では審査に落ちてしまうのです。

ブラックリストでも審査に通過する方法はありますが、ローンの種類によってはブラックリストを受け付けないものもあるので、自分がブラックリストかどうかを把握して審査にのぞむのがおすすめです。

信用情報とは?

信用情報には、金融事故の履歴はもちろん、過去に申し込んだローンの種類やクレジットカードの履歴など様々な取引の情報が記録されています。信用情報は信用情報機関が管理をしており、ローン会社はもちろん、個人でも情報の照会が可能です。

信用情報機関は、銀行系、消費者金融系、クレジットカード系の3社にわかれています。手数料はかかりますが、下記のURLから情報開示の申込みができます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機構(JICC)

自分の信用情報に不安がある方は一度、情報開示をしてみましょう。

ブラックリストに登録される条件

手数料を払いたくない人や情報開示の手続きが面倒くさいと感じる人は、これから紹介するブラックリストに登録される条件を参考にしてみてください。

5つの条件のうち、一つでも該当するものがあればブラックリストに登録されている可能性は高いです。

2か月以上の延滞がある

2か月以上、クレジットカードやカードローンなどの支払い延滞してしまうとブラックリストに登録されてしまいます。正確には支払期日から61日を超えたタイミングで登録されるので注意が必要です。

基本的に延滞期間が60日以内であれば、ブラックリストに登録される心配はありませんが、何度も延滞を繰り返すと60日以内でもブラックリストに登録されるリスクがあります。

延滞が原因でブラックリストになると、情報が削除されるまで最長5年かかります。年数は完済後からカウントされるので、延滞はできるだけ早く完済しておきましょう。

債務整理の経験がある

債務整理を行った場合もブラックリストの対象です。債務整理は、返済が難しくなったときに借金を減額したり、返済に猶予を持たせるための手続きです。債務整理は主に任意整理、個人再生、自己破産の3つにわけられます。

延滞がどうしても解消できない場合は、債務整理を行うのも1つの手ですが、ブラックリストに登録されてしまうことは頭に入れておきましょう。

債務整理の履歴の削除は手続きによって異なり、任意整理と個人再生は手続き後5年、自己破産は手続き後最長10年の期間がかかります。

クレジットカードの強制解約の経験がある

クレジットカードの強制解約の経験がある場合もブラックリストの対象です。クレジットカードの強制解約は長期の支払い滞納だけでなく、利用規約違反で強制解約になるケースもあるので注意が必要です。例えば、クレジットカードで購入した商品を他社に買い取ってもらって現金を手に入れる行為など利用規約で禁止されている行為は即強制解約となってしまいます。

強制解約の事故情報の削除までは5〜7年かかります。また信用情報が削除されたとしても、強制解約された会社や系列会社ではクレジットカードが作れないこともあります。

代位弁済の経験がある

代位弁済の経験がある場合もブラックリストに登録されます。代位弁済とは、ローンの支払いができないときに、保証会社が債務者に代わってローン会社に返済額を支払う仕組みです。債務整理と異なり、代位弁済は保証会社が一時的に肩代わりをしているだけなので、引き続き返済していく必要があります。

代位弁済は完済すれば、5年で事故情報が削除されます。大体3ヶ月の延滞を目安に保証会社の代位弁済が行われるのでブラックリストに登録されたくない人は注意しましょう。

申し込みブラックになっている

延滞や債務整理などの履歴がなくても、ローン審査の申込みを短期間で複数回行ってしまうとブラックリストに登録されてしまう可能性があります。通称「申し込みブラック」と言われており、「お金を借りれるだけ借りて返さないのではないか」とローン審査の不安材料になるので審査に通過しにくくなります。

1ヶ月に3社以上に申し込むと申し込みブラックになるリスクが高まると言われているので、自分に合ったローンに絞って審査に申し込むのがおすすめです。申し込みブラックは6ヶ月で履歴が削除されます。

ブラックリストに登録される延滞の種類

実は、すべての延滞がブラックリストには登録されるわけではありません。信用情報機関に登録される延滞の種類について確認しましょう。

登録される延滞

信用情報機関のブラックリストに登録される延滞の種類には下記のようなものがあります。

・クレジットカード
・ローン(車や住宅)
・奨学金
・携帯電話の本体料金の分割支払い
・教材やエステの分割支払い
・リース契約 など

前述の通り、上記の延滞でも、60日以内の延滞や3回以内の短期延滞であればブラックリストに登録されるリスクは低いと言えます。

登録されない延滞

ブラックリストに登録されない延滞には以下のようなものがあります。

・電気やガスの公共料金
・住民税や自動車税の税金
・賃貸物件の家賃
・NHKの受信料 など

公共料金や税金の延滞などはブラックリストに登録される対象ではありませんが、クレジットカード払いにしている人はクレジットカードの延滞として扱われてしまうので注意しましょう。

ブラックリストでも車のローンに通ることは可能?

ローンに落ちて悩む人

ブラックリストに登録されてしまうと基本的にローン審査の通過は難しいのが事実です。しかし、生活を立て直す上で車が必要な場合もありますよね。そんな人には自社ローンがおすすめです。

自社ローンとは、販売店と利用者で直接売買契約を結び車を購入する方法です。銀行ローンやディーラーローンと異なり、ローン審査では信用情報を重要視しないのでローン審査に通りやすい特徴があります。

自社ローンは審査に通りやすいうえに金利0%で、返済計画が立てやすいのもメリットです。

審査に通るか不安な人は、仮審査でローン審査に通るかどうかを無料でチェックできます。仮審査は信用情報機関の履歴に残らないので、申し込みブラックのリスクもありません。最短30分ですぐに結果がでるので、ぜひ一度試してみてください。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像

知恵袋でもよく聞かれる質問

残高不足で引き落としができない場合はどうなる?

クレジットカードの口座引き落としは、1度口座引き落としができなくても、再引き落としが行われます。それまでに入金できれば信用情報に大きな傷は残らないでしょう。

ただし、残高不足を繰り返してしまうと利用限度額の制限がかかったり、遅延損害金が発生することもあります。最悪の場合、カードの利用停止で信用情報に傷が残ってしまうリスクもあるので注意が必要です。

ローンの支払いが1日、1週間、1ヶ月と遅れた場合のリスクは?

1ヶ月以内の支払い遅延ですぐに信用情報機関のブラックリストに登録されるリスクは少ないです。ただし、企業のブラックリストに登録されるリスクがあるので注意が必要です。企業のブラックリストに登録されると、その会社や系列店でローンを組むのが難しくなるので注意しましょう。

また、1日や1週間などの短期的な延滞も続けていると信用情報機関のブラックリストに登録されるリスクがあります。支払いに遅れそうな場合は早めに金融機関に相談したり、ローンの借り換えを検討したりと対策をしましょう。

車のローンが支払えないときはどうしたらいい?

車のローンが支払えなくなった場合は早めにローン会社に相談するようにしましょう。ローン会社も貸し倒れを避けたいため、支払いの猶予などを検討してもらえる可能性があります。

すでに延滞額が大きくなってしまっている場合やどうしても払えない場合は、債務整理や任意売却といった方法があります。債務整理はブラックリストに登録されてしまったりとデメリットも大きいので、車のローンが支払えないときは早めの対策を心がけましょう。

オトロンならブラックリストの方でも審査に通る!

オトロンは自社ローンを扱う販売店の中でも大手の企業で豊富な販売実績を誇ります。車のローン審査に自信がない方でも、オトロン独自の審査基準で現状の収入とこれからの返済状況を加味し、ローンを支払っていけるか総合的に判断するので安心です。

以下では、オトロンの強みを詳しく紹介していきます。

オトロンの自社ローンは審査通過率95%で頭金・金利0円

オトロンは、業界の中でも高水準の審査通過率95%という実績を保持しています。オトロンの審査では、他のオートローンのように「年収350万円以上」「雇用形態」「勤続年数」といった項目は重視しません。

過去の記録ではなく、今後の支払い見込みを重要視するため、ブラックリストの方でもローンを組んで車を購入した事例がいくつもあります。「審査が甘い」というよりかは、一人一人に寄り添った丁寧なカウンセリングを心掛けており、審査通過率100%を本気で目指しています。また、契約時の頭金や金利は0円なので、支払い負担を抑えることが可能です。

自社ローンでは珍しい3年払いや保証人不要のプランも

オトロンの支払回数は、他の自社ローンではあまり見かけない3年払いにも対応しています。100万円の車でも月々3万円以内に収まるので生活への負担が少ないです。

オトロンでは金利が0円なので、複雑な金利の計算もありません。月々の負担が大幅に軽減され、ライフスタイルや車の買い替え頻度に合わせながら購入できます。保証人不要のプランもご用意していますので、お気軽にご相談ください。

中古車の在庫が常時900台以上あり人気の国産車も

オトロンでは幅広い車種を取り扱っており、プリウス、N-BOX、セレナ、アルファードなど、各国産メーカーの人気車種を揃えています。さらに、自家用車だけでなくトラックなどの社用車や外車をお選びいただくことも可能です。

また、車の在庫は全店舗で共有しているため、常に900台以上の在庫があります。様々な車種からお選びいただけます。

業界No1を目指すこだわりの中古車品質

オトロンでは、水没車や事故車など「修復歴ありの車両」の販売は行っていません。徹底した品質管理で、仕入れの時点で状態の良い車を厳選しています。

また、国家資格を持った整備士による、徹底した点検と整備を行う設備と体制を整えており、大型整備工場を自社保有しています。常にお客様第一の整備を心がけているので、万が一故障した際でも迅速な対応が可能です。オトロンは業界No1の中古車品質を目指しています。ぜひお客様の目で品質をご確認ください。

アフターフォローも充実

オトロンでは納車後も快適なカーライフを送っていただけるような車を販売していますが、万が一、車に不具合があった場合でもご安心ください。充実した無料の保証サービスで対応いたします。

対象項目はエンジン、ブレーキ関係、ステアリング機構などです。保証期間は3カ月または走行距離が3,000kmとなっており、車をベストな状態に維持するためのエンジンオイルは、契約期間中6回まで無料で交換できます。(※一部販売車両で保証をお付けできないケースがございます。)納車後に万が一、車が故障してしまった際は、お気軽にお問い合わせください。

ローンの支払いには気をつけてカーライフを楽しもう!

今回はブラックリストに登録されてしまう条件やローンの支払いに遅れるリスクについて解説しました。自分がブラックリストに登録されているかどうかを確認して、自分に合ったローンに申し込みましょう。ローン審査に落ち続けてしまうと申し込みブラックでさらに信用情報に傷をつけてしまうので要注意です。

現在、ブラックリストに登録されている人やローン審査に不安を感じる人はオトロンの自社ローンがおすすめです。ブラックリストに登録されている人でローン審査を通過した実績も多数あります。

車のローンに関するお悩みはオトロンのスタッフが親身になって対応致しますので、ぜひ仮審査のフォームからお問い合わせください。合わせて審査に通るかどうかも、無料で確認できますよ。

\審査に通るか無料でわかる!/

オトロンの仮審査ページ遷移用のリンク用画像
仮審査バナー
目次